当サイトは2月からスタートした新米ブログです。皆様のフォローお願いします。

2018 センバツ 高校野球 日程・出場校をチェック!

2018春のセンバツまで残り1ヶ月をきりました。
長い冬を越え、いよいよ高校野球の季節になってきました。
第90回選抜高校野球大会を制するのは一体どこのチームになるのか楽しみですね。
ということで、今回は2018春のセンバツの日程・出場校をチェックしていきます。

日程

3月23日(金)から4月4日(水)までの、準々決勝翌日の休養日を含む13日間(雨天順延)で開催されます。

場所は阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)です。

新ルール

今大会からタイブレークが導入されます!

延長12回を終え、同点の場合13回よりタイブレークが適用されます。
ただし、決勝は適用せず15回までとし、決着がつかない場合は再試合となります。
決勝の再試合はタイブレークをになります。

タイブレークとは

高校野球では選手の体調等への考慮から、9回を終えて同点の場合、延長10回から1死・走者満塁の設定で始まるものである。
春季の第90回記念選抜高等学校野球大会、夏季の第100回全国高等学校野球選手権記念大会(地方大会を含む)から導入されることになった。

出場校

北海道地区(1校)

北海道 駒大苫小牧 4年ぶり4回目

2017年秋季北海道大会では、3試合戦いどの試合も接戦で勝ち上がって優勝しました。
粘り強さが特徴のチームです!

東北地区(3校)

福島 聖光学院 5年ぶり5回目
岩手 花巻東 6年ぶり3回目
山形 日大山形 36年ぶり4回目

2017年秋季東北大会では、聖光学院が4試合で44得点と圧倒的な攻撃力で優勝しました。
この攻撃力は見ものです!

関東・東京地区(6校)

千葉 中央学院 初出場
茨城 明秀日立 初出場
神奈川 東海大相模 7年ぶり10回目
神奈川 慶應義塾 9年ぶり9回目
東京 日大三 2年連続20回目
栃木 国学院栃木 18年ぶり4回目

2017年秋季関東大会では、中央学院が東海大相模、花咲徳栄といった甲子園常連校を倒して優勝。
初出場の勢いを甲子園で発揮できるか見ものです!

2017年秋季東京大会では、日大三高が4試合で43得点と打線が爆発し優勝。
こちらも攻撃力が見ものです!

東海地区(3校)

静岡 静岡 2年連続17回目
愛知 東邦 2年ぶり29回目
三重 三重 4年ぶり13回目

2017年秋季東海大会では、静岡が優勝し、明治神宮大会でもベスト4。
接戦に強い自力があるチームです!

北信越地区(3校)

石川 日本航空石川 初出場
石川 星稜 13年ぶり12回目
富山 富山商業 9年ぶり6回目

2017年秋季北信越大会では、日本航空石川が決勝戦で10ー0の圧勝で優勝。
明治神宮大会でも日大三高にサヨナラ勝ちするなど底力もあるチームです!

近畿地区(6校)

大阪 大阪桐蔭 4年連続10回目
和歌山 智弁和歌山 4年ぶり12回目
京都 乙訓 初出場
滋賀 近江 3年ぶり5回目
滋賀 彦根東 9年ぶり4回目
奈良 智弁学園 3年連続12回目

2017年秋季近畿大会では、大阪桐蔭が4試合で28得点0失点という圧倒的強さで優勝。
春のセンバツ連覇に期待がかかります!

中国地区(3校)

岡山 おかやま山陽 初出場
山口 下関国際 初出場
広島 瀬戸内 27年ぶり3回目

2017年秋季中国大会では、おかやま山陽が岡山県大会3位で出場ながら優勝。
センバツでも下克上に期待です!

四国地区(3校+明治神宮大会枠1校)

高知 明徳義塾 3年連続18回目
香川 英明 3年ぶり2回目
愛媛 松山聖陵 初出場
高知 高知 5年ぶり18回目

2017年秋季四国大会では、明徳義塾が優勝し、明治神宮大会でも優勝。
秋春制覇に期待がかかります!

九州地区(4校)

長崎 創成館 4年ぶり3回目
宮崎 富島 初出場
宮崎 延岡学園 12年ぶり3回目
福岡 東筑 20年ぶり3回目

2017年秋季九州大会では、創成館が優勝し、明治神宮大会でも準優勝。
明治神宮大会では、大阪桐蔭を破るなど、春のセンバツでも期待できます!

21世紀枠(3校)

秋田 由利工業 初出場
佐賀 伊万里 初出場
滋賀 膳所 59年ぶり4回目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です